What’s 福祉医療事業の推進?

訪問看護ステーション「あわーず」の事業推進者として、運営、バックオフィス業務全般(請求業務、採用、労務管理、窓口業務、経理など)そして全国展開のためのスーパーバイジングを担っていただきます。
医療の現場のすぐそばでお仕事していただきますので自然と医療用語や、医療に関わる法律の知識が身に付く新卒の貴方が確実かつ着実に成長できる場所です。
将来的に「訪問リハビリテーション」「居宅介護支援」「高齢者向け生活支援」 の事業を拡大、分社化した際にはその会社の代表をお任せします。

訪問看護リハビリステーションあわーずについて詳しく知りたい方は……あわーず東京 ロゴ

 

社員に聞く!福祉医療事業の推進

藤田和希さん 名前トップ

Q 現在どのような業務・プロジェクトに取り組んでいますか?

訪問看護リハビリステーション「あわーず石川金沢」運営のための「全て」を行っています。

○マーケティング

新規顧客獲得のためにマーケティング(営業)を行います。そのために、あわーずの取り組みや実績を知ってもらう資料を作成したり、周辺地域のリサーチを行います。

○ステーション運営

実際のステーション運営では、お客様からのご相談やご質問にお答えしたり、新規のお客様のご案内を行ったりもします。それだけではなく、医療事務の経理業務(レセプト業務)や帳票作成などステーションの経理面の管理も行っています。それから、実際の運営のためにスタッフを集める必要もあります。そのために看護師や理学療法士などの医療スタッフの採用活動も行っています。そして、これらのステーション運営を円滑に進めるために、あわーずグループのシステム制度の設計まで行います。

○老人ホーム等への施設連携の提案

ご自宅への訪問看護だけでなく、老人ホーム等の施設を活用すればよりお客様の要望や状況に適したサービスを提供できるのではないかと考えています。今後サービスの幅をより広げていくために、老人ホームやデイサービスステーションを訪問し、施設連携の提案をしたりもします。

 

本日のスケジュール

新 藤田和希さんの1日の流れ

 

Q 実際に取り組んでみてどうですか?

やりがいや大変なこと、工夫していること、取り組む上で大切にしていること等があれば教えてください。

 

藤田和希さん 写真ステーション運営には日々起きる課題や気づきなどがたくさん隠れており、それらをより良いものにするために自ら考えることで学ぶことや発見、気づきが多くあります。

指示された業務だと目の前の仕事のみの処理に追われてしまい、考えることを疎かになりがちですが、自分の考えを生み出すために主体的に情報収集をして学び、人からの意見を聞いくころで新たな考えが生まれ、それらをひとつの考えとして形にしていく必要があります。それらを形にすることは準備や情報収集はもちろん多くの人と意見交換をして作りあげていくため、壁にぶつかることは多く多種多様の意見の中でひとつの答えを生み出すことは大変な時間と手間がかかり、もしそれが形にできなければ尚更です。しかし、それを乗り越えて一つの形を作り上げ、ステーション発展に貢献の一部にできたときはとてもやりがいがあります。

その中で、大事にしているのはステーションのスタッフが働きやすくやりがいを自ら見つけられる環境づくり。そしてスタッフが常に利用者を第一に考えれるような体制作り。我々はスタッフのためにスタッフは利用者のためにと利用者第一の姿勢、思いを忘れないことです。