プロフィールProfile

  • 本澤 彰一(Shouichi Honzawa)

  • - 2014年 4月
  • - 高知県出身
  • - ㈱アウトソーシングSR / コンサルタント

マイヒストリーMy History

大学生
「ひとが働くこと」自体に関心を持ち、労働法・社会保障法を専攻
1年目
数名~200名規模のクライアント様の人事制度運用アシスタントや従業員アンケートの分析業務を経験
2~4年目
大規模クライアントの人事制度運用に従事。常駐業務で、現場での課題・求める事を実感、経験値とする。
5年目
制度運用面において解決できる問題と、制度自体を見直さなければ解決できない領域があると痛感。制度を作る部門へ異動し制度設計業務に従事

SRに入社した理由Reason for joining SR

企業人事に対してより多くの価値を届けることができると考えた

「働くこと」それ自体に興味関心があり、大学で労働法や社会保障法を専攻したことがきっかけで労働法や社会保険制度の専門家である社会保険労務士を知りました。当社の会社説明会に参加したところ、労働法や社会保障法をはじめとする社会保険労務士領域は、経営・人事の中の一部分でしかなく、「人事」は企業で働く全てのひとの働くことに影響する重要な機能を担うことを知りました。「企業人事」に対して、労働法・社会保険の領域だけでなく、人事制度の設計・コンサルティングや業務改善コンサルティング・採用支援・研修・福利厚生などのサービスを提供している当グループで、企業人事を通じてその会社で働く方々の「働くこと」を、自分の「働く」にしていきたいと思いました。

現在の仕事内容・ミッションCurrent work & mission

人事制度設計コンサルティング(3~4社様)

人事制度の設計ってイメージしにくいと思いますが、「家づくり」に似ていると思うことがあります。
家の土台が弱いと傾きますし、日当たりが悪いとカビが生えます。空気の循環が良くなければ空気が淀み、そういった家には人が寄り付かなくなります。企業も似ていて、同じ方向性の思いを持った人が集い、組織ができ、価値を提供していくための「場」をつくることのサポートが我々のミッションです。
優秀な人材が採用できない・頑張っている社員を正当に評価したい・働き方改革に取り組みたい、社員がもっと定着するようにしたい・など、人に関わる企業様が抱える課題を人事制度の側面から解決していきます。具体的には、現状分析、資料集め、判断のもととなるシミュレーションをもとに打ち合わせを重ね人事制度の設計を行っていきます。

仕事に従事してみてImpression of work

会社と社員のことを真剣に考える経営者様の気持ちに寄り添い、人事制度をかたちにしていく

人材の売り手市場下で優秀な新卒を採用するために初任給を上げたい。上げたいけど、いくらに設定すればいいかわからない。また、新卒だけの初任給を上げてしまうと内部で給料のバランスが崩れてしまう。全社員の給料を上げるといったい人件費がいくら上がるのか。会社の経営を安定させつつ優秀な人材を採用し、社員の幸せを実現していくためには何をどうすればいいのか。現状分析を行い、複数の給料変更パターンと人件費シミュレーションを行い、打合せを重ねながらクライアント様にマッチした対応策を決定していきます。経営者様の想いに共感し、自分もお客様と同じ会社の一員であるという気持ちで、お手伝いさせていただく責任をひしひしと感じながら業務を行っています。

SRへ入社後、実感できた変化は? What is the change after joining SR?

成長・環境について

複数の企業人事様との関わりを持ち、普通は経験できない様々な機会を得て、必死で責任を果たしていくなかでお客様からありがとうと言っていただけること、仲間のように思っていただけたことが一番の喜びです。お客様に満足していただくために、自分自身成長していかなければならないと毎日感じています。周りには、ベテランのコンサルタントや人事労務のスペシャリストが多くいて随所で連携しアドバイスをもらうことができます。また、現状分析、判断のもととなるシミュレーション業務、その他の人事業務全般ではエクセルを使いこなしていくことが必要ですが、人事業務で使うエクセルの研修も社内で行っており、私も講師の一人です。切磋琢磨しながら成長していく環境があると感じています。

今後の目標Future goals

クライアント様に応じて個別カスタマイズした人事制度を作っていく

時代の変化が激しい昨今の状況や少子高齢化による人口減少・低成長時代において、画一性・同一性の組織・人事制度設計の考え方ではなかなか太刀打ちできなくなってきている現状があります。そのような中でよりお客様の立場に立ちお客様の悩みを解決する手段として、過去にとらわれない時代の変化にマッチしたソリューションを提供していくことが目標です。

1日のスケジュール1 day schedule

  • 09:00出社・朝礼
  • 09:10クライアント企業様の現状分析
    (給与水準・離職率・人件費等)
  • 12:00ランチ
  • 13:00クライアント企業へ
    社員様ヒアリング
  • 15:00課題解決に向けた提案書作成
  • 17:00統計情報収集・MTG資料作成
  • 20:00退社