プロフィールProfile

  • 中村信義(Nobuyoshi Nakamura)

  • - 2015年 9月 中途入社
  • - 東京都出身
  • - 労務相談対応・ 人事関連規定作成 所属 / サブグループリーダー

前職についてAbout the former job

顧問先に常駐しその場で問題を解決していったことが財産になっています

前職は社労士事務所で勤務しておりました。人事部サポートSR入職直後に、大手企業の子会社へ常駐し、給与計算と労務相談を行うという業務を行いました。この中で、その会社の役員と一緒に、その場で問題を解決、改善していくという大変有意義な経験をすることができました

SRに入社した理由Reason for joining SR

システム・人事コンサルおよび訪問看護事業など幅広く手掛けているところに将来性を感じた

外資の参入等もあり、社労士事務所はこのままでは淘汰されるという不安を常に感じていました。その中で、人事部サポートSRは、出勤簿の開発等のシステム面に強く、大型コンサル案件も行っており、また訪問看護事業も手掛けている等、通常の事務所と比べると幅広く対応しているところに将来性を感じ、今まで経験してない業務も経験できるのではないかと思いました。

現在の仕事内容・ミッションCurrent work & mission

クライアントの労務問題の解決

現在は、クライアントの労務顧問・労務相談対応を主に担当しております。また、サブグループリーダーとして社内マネジメントにも関与しています。

昨今の社会情勢においては労務問題がクローズアップされています。その重要性については各企業・経営層も認識するようになり、クライアント様からも労務相談等の問い合わせが増加しています。労務問題にどのように向き合うかは企業の成長に関わる重要な要素となりました。

ですので、クライアント様からいただいたご質問・ご相談に対して、スピーディに、そして的確に答えるとともに、内容としてはコンプライアンスの観点ももちろん重視しますが、加えて法律の知識だけでは解決しないこともリスクをご説明した上で、方向性を検討し総合的に答えを出すようにしています。

仕事に従事してみてImpression of work

クライアントに寄り添い 企業をより良い方向へ導く

基本的に労務相談業務というのは、クライアントに対して、クライアントに最も適した答えを提供することが必要な業務です。クライアントが望む答え・的確なアドバイスができた際に、その会社がより良い方向に動いたことを感じられ、担当者や経営者層から感謝を示される。これが何よりも嬉しいことで最もやりがいを感じる瞬間です。

マスコミに取り上げられ、世間的にも話題になってしまった有名企業の労務問題解決に携ったことがあります。主犯格を懲戒解雇し厳正に対応したことによって、企業はそれ以上の風評被害を受けずに済み、最小限の損害で解決しました。クライアント担当者様と一緒に関与し解決まで導いたときには非常にやりがいを感じました。

SRへ入社後、実感できた変化は? What is the change after joining SR?

大企業から新進気鋭のベンチャー企業まで幅広く経験し会社の経営に直結する問題に関わる

人事部サポートSRは、良いクライアント様が多いと感じています。そのようなクライアント様と一緒に仕事をしていくこと、それだけでも価値があると思っています。

加えて、知名度の高い有名な企業や 世間の先を行くようなベンチャー企業など、クライアントの業種・規模ともに多岐にわたるため、他の事務所にはない新しい経験もできました。自分自身 中途採用で経験者として入社いたしましたが、初めて対応する案件も多々ありますで、自分自身も勉強し続けながら対応しています。多様なクライアント様のもとで経営に直結するような問題に携わることによって、入社前に比べると大きく変わったと実感しています。

1日のスケジュール1 day schedule

  • 08:45到着・スケジュール確認
  • 09:00朝礼
  • 09:15社内業務打ち合わせ
  • 09:30午後のクライアントとの打ち合わせ準備
  • 12:00ランチミーティング
  • 13:00クライアント往訪(定例ミーティング)
    クライアント碕での労務相談対応
  • 17:00定例往訪を踏まえた課題等の取りまとめ
  • 18:00運用グループMTG
  • 19:00退社